スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年。

2012年03月12日
昨日で、東日本大震災から1年が経ちました。


忘れてはいけない一日。


所属する(社)姫路青年会議所では、東日本大震災復興支援活動を行いました。

残念ながら、私は一日中、所用があり欠席する旨を伝えていました。

しかしその用事も少し早く終わってtwetterを開いてみると、
青年会議所の先輩が、支援活動のことを投稿しておられました。

「たくさんの方々がご協力下さいます。
そんな中、子供さんが大勢入れてくれるのに驚かされます。
小さな財布を覗く姿に感じ入ります。」

と、言う内容でした。

これを見た瞬間、胸を打たれ、姫路駅に車をとばしました。


少しの時間でもいい、被災地のことを思う時間を共有したい。と。

IMG_0480.jpg

特設ブースでは、東北名物の「芋煮」を振舞い、募金の呼びかけ、
青年会議所が行ってきた活動の報告・お礼などなど、姫路の方々と一緒になって
少しでも東日本大震災を想っていただけるように呼びかけました。


そして、14時46分。


姫路青年会議所のメンバーで輪になって、姫路の街にサイレンが鳴り響く中、
1分間の黙とうをしました。

募金に来てくれる方の中には、お年寄りがいたり、小さな子どももいたり、
ちょっとヤンキーっぽい男女も、一緒になって芋煮を食べてくれたり、、、

あぁ、来てよかったって思いました。

忘れてはいけないことだけど、少し薄れてきていたことを思い返すことができました。

被災地では、まだまだ満足できない日々が続いています。
自分にできることは何か、ということを、もう一度考えたいと思います。


また夕方にも予定があったので少しの間しか参加はできませんでしたが、
大切な時間を共有することができました。






スポンサーサイト
Comment
先輩
ありがとうございます!
twitterを見なかったらスルーしていたかも知れない時間でしたが、大切なことを気付かせていただいてありがとうございました。

No title
読ませて貰いました。
ええオトコやね(^。^)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。