スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築ツアー

2010年11月24日
山の木々が真っ赤になりました。
 
今日(23日)は、共に一級建築士を目指した仲間たちと、「建築ツアー」と題して、
岡山県備前市にある「閑谷学校」に行ってきました。
 


周囲の山々が見事なまでのコントラストを描き、構内にある「楷の木」の紅葉が楽しみだったのですが・・・
 
見事な枝張りでした。
写真の右上が、それです。
 


見学していると、建物の軒先に、水抜き穴らしきものを発見しました。
瓦の隙間からの浸水を排出して、内部の木材の保護かな・・・と思いました。
 
が、この後行った備前焼の工房の方にお話をお伺いすると、
備前焼というのは熱伝導がいいらしく、この備前焼でできた瓦は内側で
結露が発生しやすい構造らしいのです。
そのため、一応、対策はしているものの、結露の時のための水抜き穴(陶管)らしいです。
 


構内には茶室(黄葉亭)もあって、当時は学生のために憩いの場として使われていたそう。
残念ながら一般開放されていませんでしたが、モミジが色鮮やかでした。
 
 
その後は、閑谷学校の近くにある、「旧大国家住宅」というところに行ってきました。


築250年の建物であり、当時は運送業と酒造業を営む、店舗兼住宅だったそうです。
 


台所にある大きな梁です。
なにか巻かれていますよね??
 
これは、台所で火を使うため、丸太梁の上に竹を並べて縄で編みこみ、
その上から土を塗って、最後は漆喰を塗って仕上げているそうです。
今はハゲてしまって漆喰がわからなかったけど、うまい具合にはがれて
中の竹を見ることができました。
 
 
 
道に志し、徳に拠り、仁に拠り、芸に遊ぶ。
 
次はどこに行こうか・・・!
 

 
 
 
 

◇◆◇◆◇◆◇Comments◇◆◇◆◇◆◇
----------------------------------------------
 
し、いわく・・・・・・・。ミチニココロザシトクニヨリジンヨリゲイニアソブ・・・・・。人として・・・・・って感じ??
それとも芸(教養)ってとこがポイント??
2010/11/26(金) 午後 0:38[ みー ]

----------------------------------------------
 
☆みーさん☆

仕事も大事だし、こうして遊びに行くのも大事だし…みたいな感じかな。
閑谷学校と言えば、孔子ですよね!
2010/11/27(土) 午前 8:39[ かわちゃん ]
 
----------------------------------------------
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。