スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番価値のあるときへ。

2012年10月02日
またまたヘリテージマネージャーのお話です。

先週も行ってきました。2週間に一度、研修があります。

ヘーリテージマネージャーとは?と思うと思いますが、簡単に言えば、
その町の景観に影響しているような、伝統的な建物等を保存・活用していく
マネジメントの勉強なのです。



今回は、福崎町の大庄屋・三木家住宅に現場実習に行ってきました。

120929-12.jpg

この建物は、新築されたのが約300年前。
その後、時代の流れに沿いながら幾度となく増築されています。

そのせいで構造が複雑になったりしています。

それから、増築を繰り返しているので、今回の改修工事でただリフォームをするだけではなく、
この建築物が一番価値のあった時代の形状に復旧しようとしています。

価値のあった時代というと、福崎町には柳田國男さんがいらっしゃいます。
この方もこの建物に縁があるので、その当時にするのか、建築当初にするのか、
はたま今のままが規模も大きくて価値がつくのか。。。みたいなことをするのが、
ヘリテージマネージャーなのです!

120929-3.jpg
そういう話を、みなさん真剣に聞いています。

それにしても素晴らしい梁、構造です。


120929-13.jpg
炉!

大庄屋にふさわしく、あちこちに炉がありました。
昔は、こんな構造をしていたんですね~。



研修が終わって、お腹がすいたので、福崎名物の「もちむぎ麺」を食べて帰ってきました。


それから、以前に建築確認申請業務で携わらせていただいた、
マリンポリス福崎店(回転寿司)にも行きました。
120929-1.jpg
満員で、食べることができませんでしたが、外から見るとおしゃれに仕上がっています。

設計でなくても、携わった建物が繁盛しているとうれしいですね!(^^)



スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。