スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末と株

2011年09月20日
N様邸が竣工しました。


以前にも紹介したように、土塗り壁としています。

また、内装材は、お施主様のお身内の方の関係で、西粟倉の材木をふんだんに使用しています。

CIMG2091.jpg

天井にも檜の無垢材を使っています。

赤身が綺麗です。


天井材と言えども、木材を使うときは、山にあった時のように使ってあげるのが“木”配りです。

赤い部分は、木の根元に近い部分です。



花を生けるとき、「花は野にあるように・・・」という千利休の言葉がありますが、

家を建てる時も「木は山にあるように」使ってあげるのが、木も長生きし、

家も長生きできる秘訣かもしれませんね。


木は、山で伐ってしまったら終わりではないんです。

製材されて建材になっても、呼吸して生き続けているんですね。







スポンサーサイト
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。