スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーアップ

2013年01月31日
前からやりたかった、デュアルモニター化を実行しました。

130130.jpg

設計事務所では、CADの図面を書きながら
それと同時に構造計算をしたり書類作りをしなければいけません。

そんな時、モニターが2台あればどれだけ便利か。。。と、ずっと思っていたわけです。

しかしパソコンの知識があまりなく、敢行するには情報の収集からで、なかなか手が付けられていませんでした。


そしてこの度、CAD図面を描くのにも少し大きめの23インチのモニターを購入し、
今はサクサクと作業ができるようになりました。

作業効率も格段にUPです!


しかし机の上ちらかってんなぁ~。。。



※片付け中のためです。笑
スポンサーサイト

住宅相談会 in 龍野醤油蔵

2012年12月19日
昨日は、龍野の旧醤油製造蔵の前で住宅相談会をしてきました。

CIMG8066.jpg

この醤油蔵というのは、その昔、醤油の製造をするために使われていた蔵で、
今は古びて使われていなかったものを、地元の龍野北高校生と建築士会が力を合わせて、
国からの補助金も得て、再生されたものです。

建物もさることながら、敷地内も整備されて、非常に美しく景観を形成しています。


その建物の前で、建築士事務所協会が主催になり、住宅についてのいろいろな相談をしました。

・建物の耐震性はどうですか?
・雨漏りがするんですけど、原因はどんなところですか?
・防犯性能を高めるためにはどうすればいいですか?
・エコポイントはまだありますか?
・建て替えを計画しています。建築士さんを紹介してください。

などなど。

寒い中、平日ということもありましたが、事務所協会ではこんなこともやってま~す。

建築の専門家がお答えしま~す。



もちろん、河原設計でも随時無料相談していますよ!(^^)






今年の漢字2012

2012年12月14日
気が付けばもう年末です。

なんだかものすごいスピードで2013年がこっちに向かって来てるんですが、気のせいでしょうか。


さて、先日今年の漢字が発表されました。
今年はでしたね。


毎年これを機に自分自身のこの一年を振り返ってみて、『私の今年の漢字』を考えるのですが、
今年は『会』です。


今年一年、いろんな会に入会しました。
そのおかげで、よく会議に出席することになりました。
会議の進め方、人に説明するときの資料作りなど、非常に勉強になった一年でした。

それから、そのおかげで多くの方との出会いがありました。
おそらく社会人になってから一番多くの出会いがあった一年だったと思います。


一期一会
一番好きな言葉ですが、「二度と巡っては来ないたった一度きりのこの出会い、
この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という意味です。

今でこそ交通手段や通信手段があっていつでもどこでも会話ができる時代。
しかし、時は戦国。いま会った人が、次の日には亡くなってしまっているというのが当たり前の時代。
そんな時代に生まれた、茶の湯の言葉。

平和な世の中ではありますが、一瞬一瞬を大事にして、今年の『会』を忘れないようにしていきたいですね。


なんじゃこら

2012年11月05日
ちょっとブログの更新を怠っていたと思ったら・・・。


121105.jpg


こんなん出てました。


なんでも、1ヶ月更新がなかったらとのことです。

更新したら消えるらしいので、これをネタに更新します!


あー、ブログの趣旨から逸脱してきている。。。

もっと更新しなければ!!と思う、今日この頃です。


一番価値のあるときへ。

2012年10月02日
またまたヘリテージマネージャーのお話です。

先週も行ってきました。2週間に一度、研修があります。

ヘーリテージマネージャーとは?と思うと思いますが、簡単に言えば、
その町の景観に影響しているような、伝統的な建物等を保存・活用していく
マネジメントの勉強なのです。



今回は、福崎町の大庄屋・三木家住宅に現場実習に行ってきました。

120929-12.jpg

この建物は、新築されたのが約300年前。
その後、時代の流れに沿いながら幾度となく増築されています。

そのせいで構造が複雑になったりしています。

それから、増築を繰り返しているので、今回の改修工事でただリフォームをするだけではなく、
この建築物が一番価値のあった時代の形状に復旧しようとしています。

価値のあった時代というと、福崎町には柳田國男さんがいらっしゃいます。
この方もこの建物に縁があるので、その当時にするのか、建築当初にするのか、
はたま今のままが規模も大きくて価値がつくのか。。。みたいなことをするのが、
ヘリテージマネージャーなのです!

120929-3.jpg
そういう話を、みなさん真剣に聞いています。

それにしても素晴らしい梁、構造です。


120929-13.jpg
炉!

大庄屋にふさわしく、あちこちに炉がありました。
昔は、こんな構造をしていたんですね~。



研修が終わって、お腹がすいたので、福崎名物の「もちむぎ麺」を食べて帰ってきました。


それから、以前に建築確認申請業務で携わらせていただいた、
マリンポリス福崎店(回転寿司)にも行きました。
120929-1.jpg
満員で、食べることができませんでしたが、外から見るとおしゃれに仕上がっています。

設計でなくても、携わった建物が繁盛しているとうれしいですね!(^^)



iOS6すげぇ~!

2012年09月25日
先日、iPhone5が発売されました。

4Sを持っているにも関わらず、ミーハーな私は喉から手が出そうです。


そして同時にiOS6も発表されました。

一番興味があったのは、カメラ機能の拡大。

ただでさえiPhoneのカメラ機能には大満足していますが、
260°の広角でパノラマ撮影ができることにビックリ!!

さっそく事務所の中を撮影しました。


玄関扉を開けていただくと、こんな感じの事務所内部で~す!

120925.jpg


外では、ハイビスカスが夏の終わりを感じて、がんばって最後の花を咲かせています。

120925-2.jpg


お気軽にお立ち寄りください~!

出石に行って蕎麦を食べずに・・・

2012年09月20日
先週の土曜日、ヘリテージマネージャーの研修で出石に行ってきました。

120915-1.jpg

出石と言えば、ソバ・・・。

ではなく、城下町です。歴史的な町屋や建物が多くあります。

120915-2.jpg

現在も住まれているお宅を、外部からこっそり眺めて、歴史的背景の調査です。

120915-3.jpg

ヘリテージマネージャーの受講資格は、建築士でないとダメということはないので、
講習で友達になった仲間と一緒に見て回りました。

設計事務所だけでなく、瓦業者さんや大工さんと一緒に現場を見て回れたので、
いろんな見解でいろんな意見が聞けて、すごく楽しい研修になりました。


120915-4.jpg

出石の支所の近くに、こんな建物を発見!

徳川時代に、小堀遠州が建てた茶室!!
案内板に「此之奥二有リ」と書かれており、書き方がまた興味をそそります!

ものすごく興味がありましたが、門が閉まっていて入ることができず、残念でした。


町歩きの間、いろんな店が並んでいたのでフラフラと立ち寄ることが多かったです。

調査建物リストの中に、陶器屋さんがあり、ただ店に入って見るだけでは申し訳なかったので、
研修記念に花器を買って帰ってきました。

120915-5.jpg

今週のお花です。

背景も変えて、秋らしくしました。





土塗り

2012年08月24日
先日、ご紹介した姫路のW様邸です。

今日は綺麗に編まれた竹小舞に、土が塗られていました。
120824-1.jpg

前にも書きましたが、土壁とすることで

・室内の調湿効果。
・匂いの分解作用。
・耐震性能UP。等々。


いろいろなメリットがあります。
ただ、時間がかかって手間がかかります。

土が塗られた建物の中で施工状況を確認していると、
一般的な住宅の現場では感じられない、気持ちのいい風が吹き抜けていました。


職人さんが、総出でヘルプに来て下さっていました。

120824-2.jpg
土を塗る左官屋さんに、土を受け渡ししています。
息ピッタリで、ナイスコンビです!(^^)

120824-3.jpg
練り上がった「土」を乗せたトラックです。

120824-4.jpg
2階に運ぶために、大工さんの子どもさん2人も大活躍です。


総勢、8人。

みなさん身内であったり、大工さん仲間であったり。
困った時の助け合いです。




ヘリテージマネージャー講習

2012年08月20日
先月から、ヘリテージマネージャーになる講習を受けています。

ヘリテージマネージャーとは、地域に眠る歴史的な建物を、保存・活用していく資格です。
"らしさ"の発見・保存・活用です。

建物も人間もそうですが、新しくするのは簡単。
残しつつ活用していくのは、それの良さを知り、生かしていかなければなりません。
新築するときには大きな想いがあってできたもの。
それを維持できなくなったからと言って、壊して終わりというのは無責任すぎます。
難しいからこそ、どうにかして維持していこうとするところに、良さがあるんですよね。


先週は、木造建築物の継手・仕口について勉強しました。

120818-2.jpg

民家の一部分ですが、金物を使わずに組み立てられています。
それを解体して、再び組み上げるという作業をしました。

120818-3.jpg

複雑な仕口の加工に、調査というより感動しっぱなしでした。

120818-4.jpg

解体してみると、あんな小さな建物なのに、こんなにも部材が使われていました。



その後は、継手・仕口のスケッチ演習です。

120818-5.jpg

円教寺 十妙院の、鴨居の接合部分です。

なんてことない接合部ですが、解体してみると・・・

120818-6.jpg

こんなに複雑になっていました。

力のかけ具合、抜き具合を考慮した上での、この形状になったわけなんですね。

昔の棟梁は、本当に素晴らしいと思います。


スケッチは、ほんとは定規を使わないといけないんでしょうが、フリーハンドで描いてやりました。





たけこまい

2012年08月09日
去る7日、立秋でした。

季節はもう秋ですね。


夏が終わると思うと寂しく思いますが、この暑さ、なんとかしてほしいものです。


120809.jpg

余部の現場では、大工さんが竹小舞を結んでいました。

今どき土塗り壁は珍しくなりましたが、土を塗るメリットはめちゃくちゃあります!


一つに、室内の調湿効果。
もう1つは、匂いの分解作用。
さらに、耐震性能UP。。。等々。



費用と工期はかかりますが、これぞ、日本の住宅です。


現場は、すごく気持ちのいい風が通り抜けていました。



 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。